(期間限定)機械学習系ミックスマスタリングプラグイン、「Intensity」が58%OFFで最安に

620x320_Zynaptiq-Intensity-PluginBoutique_(3).jpg

現在期間限定で、
機械学習系ミックスマスタリングプラグイン、

「Intensity」が58%OFFで最安になっております。







ミックスやマスタリングの際に音圧を高め、

サウンドを明瞭化することを得意とするプラグインで、知る人ぞ知る人気のプラグインです。






動画を見ればわかるように、サウンドに深みとクリア感が強まり、良い感じのサウンドになります。

詳細はこちらから。

https://www.pluginboutique.com/product/3-Studio-Tools/71-Dynamic-Processor/4485-Zynaptiq-INTENSITY-Dynamic-Processor/?a_aid=5e156e7159c97

詳細|明快さ|密度|ラウドネス
INTENSITYは、ミキシング、マスタリング、およびサウンドデザインのための新しい種類のオーディオプロセッサです。 INTENSITYは、顔認識アルゴリズムで一般的に見られる手法に基づいて構築されており、音に固有のディテールを引き出し、知覚されるラウドネスと密度を高め、非常識な明瞭さを追加します。独自のアルゴリズムは、重要な信号機能を作成します-音をより本物らしくする-基本的に1つのコントロールで操作します。独自のアルゴリズムとプラグインの出力段階のオプションのソフトニー飽和リミッターの間で、INTENSITYは最大のラウドネスを達成し、美しくアグレッシブなトーンを作成することにも優れています。
主要なINTENSITY機能の概要:
より詳細、明瞭、密度、ラウドネスのためのマスタリンググレードの処理。
合理化された一連のコントロールを使用した直感的で高速なワークフロー。
オプションの周波数依存BIAS機能を備えた独自のINTENSITY回路。
出力段に追加の精密ソフトニー飽和リミッター。
「コンプレッサー」を考える
それでは、このことは何ですか? INTENSITYは、時定数がゼロで、オーディオレートの人工知能によって制御される相対的な条件で動作する無限帯域コンプレッサーのように考えることができます。これにより、本質的に1つのノブでプロセスを調整できます。
または実際には、「コンプレッサー」とは思わないでください
INTENSITYは絶対にコンプレッサーではなく、まったく異なる方法で動作するため、この説明は完全に不正確になることを除きます。 RMS検出器、しきい値、比率、攻撃時間、リリース時間はありません。他の方法でポンピングまたは変調することはありません。オーバーシュートせず、絶対レベルと入力タイプに関係なく動作します。
とはいえ、コンプレッサーの類推は、いつそれを使用するのか、何のために使用するのかを理解するのに役立ちます。
ボード全体
INTENSITYは、スピーチ、SFX、ギター、ベース、ピアノなどの楽器、フルミックス、マルチチャンネルフィルムステム、ドラムバス、その他の複雑なコンテンツなどの個々のトラックの処理にも同様に適しています。これにより、INTENSITYは、音楽プロデューサー、マスタリングエンジニア、サウンドデザイナー、ビデオプロデューサー、ブロードキャスティング/ポッドキャスター、フォレンジックの専門家、オーディオ愛好家、または実質的に誰にとっても、オーディオプロジェクトに迅速かつ簡単に明瞭さ、定義、知覚ラウドネスを追加するための不可欠なツールになります。
高速、高速、強度
このプラグインはおそらく素晴らしいサウンドを得るための最速の方法です。冗談じゃない。実際の実際の使用状況は、ほぼ次のようになります。
プラグインを挿入
強度の量を調整する
結果をお楽しみください。
場合によっては、さらに次のことができます。
バイアス量および/または曲線の調整
レベル補正をオフにする
彩度を有効にします。
...それは文字通りそれです。
TL; DR –簡単な英語で要約してください。
OK、オタクをやめます。
それはすべてがより素晴らしい方法に聞こえるハイテクなものです。
それが私たちのオフィスで「AWESOME!-Knob」と呼ぶ理由です。
常にすべてに付けてください。
注意してください、それは非常に中毒性があります。
わかりやすい? :-)
強度

プラグインの中心には、その名前の由来であるINTENSITY回路があります。高度なニューラルネットワークベースの分析と独自の入出力変換の組み合わせを使用して、信号を広範なストロークと詳細機能に分離します。幅広いストロークを所定の位置に残しながらディテールをブーストすることにより、サウンド特有の特性が増幅され、マスキング効果が軽減され、ディテールが削られ、密度と知覚されるラウドネスが増加します。ハイテクに聞こえますか?それはそうだからです。
バイアス

ほとんどの場合、INTENSITYトラックボールだけで素晴らしいサウンドを得ることができます。ただし、BIAS機能を使用して、処理量を周波数に応じて制御することもできます。
プリセットBIAS曲線


INTENSITYは、2つの等ラウドネス曲線、プレゼンスブースト曲線、リニアチルト曲線などを含む、10個のプリセットバイアス曲線を備えています。独自のVisual Menuウィジェットを使用して曲線を選択します。このウィジェットを使用すると、マウスをその上に置くだけで設定をプレビューできます。
カスタムBIAS曲線

または、独自に作成します。複数のマクロ関数によってサポートされており、正しい曲線を見つけるのは簡単です。
飽和

ハイテクINTENSITY回路の上部には、わずかに伝統的な、しかしそれにもかかわらず、オプションで出力ステージに切り替えることができる最先端のソフトニー飽和リミッターもあります。微妙な接着剤からインフェース、Yeah-I-Just-Got-Three-dB-of-Loudness-For-Free、マスタリングでストレートなオーバードライブまで、SATURATEサーキットは美しく暖かく肉付きのトーンを実現します。 ..ラウドネスをLa-La-Landにドライブできます。
システム要求
書式
INTENSITYは、さまざまな形式で使用できます。
MacOS X:
Apple AudioUnits(32/64ビット)
Avid RTAS
AudioSuite(32 / 64bit)を含むAvid AAX Native
Steinberg VST 2.4(32/64ビット)
Steinberg VST 3(32/64ビット)
ウィンドウズ:
Avid RTAS
AudioSuite(32 / 64bit)を含むAvid AAX Native
Steinberg VST 2.4(32/64ビット)
Steinberg VST 3(32/64ビット)
マック
Apple Macコンピューター
OSX 10.8.x以降
少なくとも2コアのIntel CPU。 i7またはbette
<% if:extra_title eq '' -%>


<% /if -%>

この記事へのコメント

InstaChord Banner

人気記事

Absolute Vocal Bundle Banner